スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私のもうひとつのブログキミだって日東駒専、もしかしたらMARCHへも是非アクセスしてください。よろしくお願いします


   ブログランキング


総合点で考えよう 

前回は、どういう順番で勉強するかを、考えました。

今回は、いかに合格をするかを考えましょう。

多くの(というかほとんどの)私立は合計点で合否を判定します。

そうすると・・・・

人気blogランキングへ←なんだか安定してきました(これって定位置、ってこと?)



長所伸展法でいくのか、短所克服法でいくのかを考える必要があります。

例えば

英語・国語・社会の三科目で受験するA君とB君(三科目とも配点は100点)がいるとします。

A君は模試の点数が

英語  85点
国語  65点
社会  40点  

B君は

英語  70点
国語  65点
社会  55点    とします。

仮に二人の受験する大学の、合格最低点数が200点だとすると、二人とも合格には届きません。
あと10点必要です。

その場合、

A君は、得意な英語を頑張っても、最高で15点しか伸ばすことができません。

一方、B君は3科目の中では一番得意な英語で、あと30点伸ばすことが出来ます。

つまりA君は弱点克服、をした方が合格の確率が高まり、B君は得意科目にさらに磨きをかけた方が、合格に近づく、ということになります。

こんな考え方って、あまり楽しいことではないんですが、受験のシステムがそうなってるんですから、対応するしかありません。

ビジネスの世界だと、強い物を伸ばす、っていうのが、まあ常識なんですが、受験では、そうとは言えないんですね。

なぜかって?

受験は、いくら頑張っても100点なんですが、ビジネスの世界では、上限がないからなんです。

わかりにくい?( ̄∇ ̄;)ハッハッハコメントで質問してください。

FC2 Blog Ranking←このブログを始めて、「よかった」と思っています。






スポンサーサイト


私のもうひとつのブログキミだって日東駒専、もしかしたらMARCHへも是非アクセスしてください。よろしくお願いします


   ブログランキング


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masajuken.blog77.fc2.com/tb.php/40-43e0d1b7

SEO対策:日東駒専SEO対策:大学受験
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。